日本の色

日本には古来から数えきれないほどの色名があります。
日本人ほど、色の名前について、豊かな表現ができる民族はいないのではないでしょうか。

タイトルを、日本の色としていますが、もちろん個々の色に国の区別はありません。ですが、それぞれに国の空や水の色によく調和する色がある、というのは確かです。
湿度が高く、空の色がいくぶん暗めなので、中間色系統が美しく見えるのです。

ここでは、日本の伝統色の、ほんの一部を紹介します。 それぞれの色は、「Webセーフカラー」の中から一番近いと思われる色で代用しました。プラットフォームやモニタによる色の違いを少しでも減らすためです。 正確な色目を確認するには、色見本帳などをご覧ください。

深紅(フカキクレナイ)

鮮明な赤色。
紅花で繰り返し赤く染める。
平安時代、高貴な色とされた。韓紅色(カラクレナイ)とも呼ばれる。

桜色(サクライロ)

薄紅色。紅花で染めた薄い色。

紅梅色(コウバイイロ)

かすかに紫色を含む淡い紅色。
平安時代の文学によく登場する。

蘇芳(スオウ)

青味の濃い赤。
豆科の木である、蘇芳の煎じ汁で染める。

浅縹(アサハナダ)

ごく薄い藍色。

浅葱色(アサギイロ)

葱にちなんだ色であるが、実物の葱よりも青の強い、薄い青緑色。

群青色(グンジョウイロ)

かすかに紫を含んだ澄んだ青。

納戸色(ナンドイロ)

黄味ががった、深い青緑。

利休鼠(リキュウネズミ)

緑味の中明度の鼠色。
千利休の好んだ色。

木賊色(トクサイロ)

木賊のような深い緑色。

萌黄色(モエギイロ)

冴えた黄緑色。春の色。
「若草色」とも呼ばれる。

山吹色(ヤマブキイロ)

冴えた赤味のある黄色。山吹の花の色。

刈安(カリヤス)

緑みの黄色。
ススキに似た草である、刈安の煎じ汁と灰汁で染める。

支子(クチナシ)

くちなしの実が赤く色づいた状態の色を指している。

深緋(コキアケ)

紫みの暗い赤色。

鳶色(トビイロ)

暗い赤褐色。鳶の羽の色。

このページの先頭へ