【着物の整理|着物断捨離】箪笥の整理と必要な着物の活かし方

menu

キモノ日和は旅気分

【着物の整理|着物断捨離】箪笥の整理と必要な着物の活かし方

気になりつつも、ずっと手つかずに数十年。母親や叔母、祖母から受けついだ着物や若いときに買ってもらった着物など…いつか着るかも。娘が着るかも。と、そのままにしている人はたくさんいます。不要な着物を処分し、たいせつな数枚を活かしましょう。着物を断捨離したい時に知っておきたい方法です。

 

目次

どんな人が着物の整理をしようとしているの?

筆者は、たくさんのお宅にお伺いして、着物断捨離をお手伝いしているのですが、年代は30代~70代まで、いろいろな方がいらっしゃいます。

  • 生前整理のため、着物整理をしたい
  • 家の中を断捨離中。でも和服だけは自分で手を付けられない
  • 親の着物を処分したい
  • 親から作ってもらった着物を整理したい
  • 今は着ない着物を整理したい
  • 娘が着られそうな着物だけ残したい
  • 実家の片付け。着物をどうしたらいいの?
  • 親の着物、祖母の着物、叔母の着物。サイズも時代もばらばらでわからない。
  • ずっとタンスに入ったまま。ひとりで見るのが怖い

自分の着物の整理、親の着物の整理と、悩んでいるのはあなただけではありません。

↑目次へ戻る↑
 

着物整理の手順

着物断捨離の手順は以下の通りです。

  • タンスや押し入れから着物を出す
  • たとう紙を開いてすべての着物を確認する
  • 着物の仕分けをする(残すもの、処分するもの)
  • 残す着物の状態をチェックして、虫干しをする
  • きれいにたたんで、新しいたとう紙に入れ替える
  • 必要なものは、クリーニングや寸法直しなど、お手入れに出す
  • 処分の方法を決める

まずは、晴れている風通しのよい日に、「着物を全部出し」ましょう!たんすに眠っていた着物を取り出して保存すべきもの、処分しても良いものを仕分けします。保存すべき着物は、正しく整理・お手入れ・収納して、新しいワードローブとして活かしてあげましょう。正しくお手入れすれば、次の代へ受け継ぐこともできます。

 

どんな時に着物を着たい?「お出かけリスト」を作成する

実際に着物を仕分けをする前日までにしておきたいことがあります。着物を着る今後のお出かけリストを作成してください。紙に書くことで、頭の中の整理もできます。他の家族のために(娘へ、姪へ。)に着物を残す場合も同様です。

例えば、

  • 子どもの通過儀礼をメインに着物を着たい。
  • 親族の結婚式の予定がある。
  • ふだん着物をカジュアルに楽しみたい。
  • これから茶道などのお稽古事をはじめる予定。
  • パーティなどに参加する機会が多い。など

↑目次へ戻る↑
 

タンスから着物や小物を全て出す

それでは、断捨離開始です。窓を開け、部屋の通気性をよくした状態でスタート。防虫剤のにおい、汚れ、カビのある場合があるので、風通しを確保し、アレルギーの方はマスクをしましょう。

タンスの中の着物、小物すべてを出してください。

引き出しも出して、埃は掃除機で取り、空拭きをしてください。着物の仕分け中に、虫干ししましょう。

 

↑目次へ戻る↑
 

たとう紙から着物や帯を出す

自分がこれからの将来着られそうな着物を仕分けしましょう。

  • 「お出かけリスト」に合う着物
  • 気に入っているもの
  • 着たいと思う着物

上記に当てはまるものを選びます。「お出かけリスト」に合っているかどうかは、その着物は「おしゃれ着」か「礼装」かの判断です。小紋、紬はふだんのおしゃれ着。紋付色無地、付け下げ、訪問着、色留は「礼装」です。

家族写真が手元に残っているようなら、以前の持ち主がどんな時に着物を着ていたかがわかる、たいせつな資料になります。着物に詳しい人に写真を送り、相談してもいいですね。

  • 「想い入れがある」だけのもの。
  • あれば便利かもしれない。
  • 当時は高価だった。

という気持ちで残しておくと、整理はすすみません。筆者の体験では、着物を着る時は特別な時間。「着たい着物」しか、人は着物を着ません。とりあえずとっておく着物は、再びたんすの肥やしに後戻りになるでしょう。 どうしてもどっちつかずのものは、専用箱に入れて、とりあえず、整理を進めます。

 

↑目次へ戻る↑
 

残す着物の状態を確認する

仕分け後、残す着物が決まったら、着られる状態かどうかを確認します。着物を広げて、明るい場所、目視で確認します。以下の手順で行ってください。

  • シミを確認します。表地だけでなく、裏地も。
  • 虫食いの確認。日に透かすとわかりやすい。
  • 縫い目のほつれをチェック。
  • 生地の劣化を確認します。お尻あたりの生地を縦方向に引っ張ってみます。
  • カビやにおいも要チェック

シミはクリーニングで落ちる場合もありますが、古すぎるシミはアウトです。縫い目のほつれも修正可能。虫食い、生地の劣化は、着用不可とあきらめた方がいいでしょう。 他には、全体的に古臭くないかなど、自分の感覚に沿わないものは、潔く判断することも大切です。

 

↑目次へ戻る↑
 

残す着物のサイズを確認する

 

浴衣程度でも、着付けができるのであれば、着物を巻きつけて、丈、幅、裄の長さを確認します。

まったく知識のない方は、以前の着物の持ち主(または、以前の自分)と自分の体形(現在の体形)を比べることで検討をつけます。常に、着付けをプロに頼む予定なら、ある程度着付てくれると思いますが(着崩れはあるかも。)自分で着付けをするなら、小さい着物はむずかしく、着崩れも大きくなります。

身長差約8㎝、体重差約8㎏以内なら、そのまま着れる。それ以上の差があれば、サイズ的にNGと判断してもいいと思います。体型にもよりますので、最終判断は専門家にみてもらってください。その際、お直しの方法、見積金額もアドバイスもらいましょう。

 

↑目次へ戻る↑
 

汚れている着物はクリーニングに出す

着物を扱っているクリーニング店で「丸洗い」に出してください。衿や袖の汚れがあるようなら、別途「しみ抜き」をしてもらいます。長期間放置されている着物のシミはとれないことがありますが、専門店で相談してみてください。

着物のクリーニングは高額なので、事前に丁寧に説明してくれるお店や、見積をくれるお店が安心です。

ネットで受け付け、自分で発送する安価な着物クリーニング店もありますが、初心者さんは対面で説明してくれるお店がいいでしょう。

 

↑目次へ戻る↑
 

残しておきたい着物を虫干しする

ハンガーにかけて室内で陰干し。これを虫干しといいます。1~2時間後にきれいにたたんで、収納します。湿度の低い時期の、晴れの日に行いましょう。梅雨明け、秋晴れの時期、冬の乾燥時期(太平洋側の地域)がおすすめです。

 

↑目次へ戻る↑
 

着物をきれいにたたむ

 

虫干しした後の着物をたたみます。大雑把な人はここで注意。適当にたたむと、しわしわになって、後がたいへんですよ~。正しいたたみ方を覚えて、常にその通りにしてくださいね。

たたみ方のコツは、着物の角と角をきちんと合わせる。手のひらで空気を抜きながらたたむ。特に衿の部分に注意してたたんでください。

 

↑目次へ戻る↑
 

たとう紙の交換

古いたとう紙は新しいものに交換します。着物一枚につき、それぞれたとう紙に入れます。着物を重ねていれると、取り出しにくく、しわの原因になります。

↑目次へ戻る↑

 

その他の着物を処分する~ほしい人に譲る

若い方、最近着付けをはじめて、お稽古用の着物を探しているような人がいたら、差し上げる。

 

↑目次へ戻る↑
 

その他の着物を処分する~柄を気に入っているものをリメイク

洋服やバッグ、小物類などにリメイクしてもらうことができます。

↑目次へ戻る↑
 

その他の着物を処分する~フリマ、オークション、買い取り業者など、リサイクルに出す

それぞれのキーワードでネット検索してみてください。

 

↑目次へ戻る↑
 

着物の収納

たとう紙を重ねてタンスに入れます。気を付けるべきは、「湿気」じめじめした部屋、暗い部屋に着物収納するのはおすすめしません。湿度の低い場所に平らに置く。これだけは守ってください。

↑目次へ戻る↑
 

 

着物の整理・断捨離方法Q&A

 

着物整理に適した時期はありますか?

湿度の低いときがおすすめです。窓を開けて換気しながら、ほこりや匂いが部屋にこもらないようにしたいです。湿度の高い時期にする場合は、エアコンをつけ、調湿してください。

↑目次へ戻る↑
 

桐だんすに入れるべき?

通気性が良く防虫効果も良い桐だんすは理想的ですが、インテリアに合わないからほしくない。高価すぎて買うつもりがない。という方もいるでしょう。

タンスのない方は、上記のような収納ケースを利用してもいいと思います。

ただし、湿気は下に集まるので、衣装ケースを置く場所は、なるべく押し入れの上段や、クローゼットの上。平らな場所に設置してください。そして、時々、タンスの引き出しや衣装ケースを開き、着物に空気を通わせます。

↑目次へ戻る↑
 

和室がないので、着物を広げられない

着物防汚には、床に「衣装敷」を敷いて着物を広げると安心です。わたしは、常に衣装敷を広げ、そこで着付けや着物をたたんでいます。

 

↑目次へ戻る↑
  

お直し、クリーニングをしたいけど、どこに頼んでいいのかわからない

わかりやすいところだと、近所の呉服店やクリーニング店が、着物洗いやお直しを受け付けてくれます。

また、ネットで検索してもたくさんみつかるはずです。その価格帯や口コミで検討をつけて、信頼できるショップを探してみてください。

最初から大量にお願いするのでなく、一枚ずつお手入れをはじめると失敗がありません。周りに着物に詳しそうな友人、知人がいたら、アドバイスを求めてください。

↑目次へ戻る↑
 

礼装用の着物と普段用の着物の区別がつきません

礼装用は、留袖、訪問着、付け下げ、色無地、江戸小紋など。普段用(カジュアル)は、小紋、江戸小紋、色無地、紬、麻の着物などがあります。

それぞれに、夏用(単衣とうすもの)、冬用もあります。その着物に合わせる襦袢、帯、小物、コート、草履をコーディネートした状態で写真をとっておくと便利です。

 

↑目次へ戻る↑
 

合わせる帯がわかりません

礼装用には、袋帯を合わせます。普段用(カジュアル)は、おしゃれ袋帯や、名古屋帯です。

↑目次へ戻る↑
 

たとう紙の交換時期は?

茶色っぽいシミがついていたり、しわになったものは、新しいものに交換します。

↑目次へ戻る↑
   

この着物の素材は何?

プロに見てもらうのがいいでしょう。
わたしがこれまで経験している中で、着付け教室に通って半年以上たっている人でも、ウール、ポリエルテル、絹の区別のつかない人が多いです。着物整理で伺うお客様は、浴衣、ウール、絹、ポリの違いもわかりません。すべてが混在されてタンスに入っている状態です。初心者さんは、ご自身で判断するのは厳しいと思います。

 

着物のリメイクに興味があります。着物の再利用方法は?

着物は縫い目をほどくと、まっすぐな布に戻るため、リフォームやリメイクがしやすいといわれています。着物関連でしたら、帯やコート、羽織にリフォームできますし、洋服、バック、ぬいぐるみなどにリメイク可能。しかも、素材は高級な絹。世界でただ一つだけの洋服やバッグなどにリメイク。形見分けの着物を何種類かのバッグなどにリメイクして、ご兄弟で共有している知人もいます。

手先が器用な方は、ほどいて、洗って、アイロンをかけて、小物づくりに挑戦してみてもいいですね。

↑目次へ戻る↑
 

帯締めの端がくしゃくしゃなんですけど…

あまりにもくしゃくしゃなものは、蒸気にあてて、伸ばします。その後、房カバーを利用すると保管しながら房が整います。安価な便利グッズ。筆者も使用しています。

 

↑目次へ戻る↑
 

染め替えをすればいいと義母から言われました。それって何?

着物を脱色して、他の色や柄にすることです。派手になったもの、古いデザインのものは、染め替えすることで新品のようになります。専門的な知識が必要ですから、取り扱い点にご相談ください。

 

↑目次へ戻る↑
 

亡くなった母や祖母の着物はがどうしても捨てられない。

バッグ、小箱、針山、コースター、小物入れなど、小さいもの、普段使いのものににリメイクしてもらってはいかがでしょうか。それを手元に置いておけば、故人のことはいつでも思い出せます。 上の画像は、祖母の羽織をスヌードにリメイク。絹の柔らかさが心地良く、頻繁に使うことでもっと身近に感じられるようになりました。早く着物整理すればよかった!と、ますますリメイクにはまっています。

↑目次へ戻る↑
 

 

いかがでしたか?
たいせつな着物を今後活かしていくためには、「着物整理や着物断捨離」は必要な作業。少数精鋭にして、自分がメンテできる範囲内の着物を絞り込みましょう。タンスの肥やしになったままか、「大切なおしゃれ着」になるかは、持ち主次第なのです。

もし、体力的に自信がない、自分で決められない、判断がつかない、という理由で「やっぱりプロにお任せした方が楽かも。」とお考えの方には、こちらの記事をご参考に。着物整理を専門家に依頼した場合

筆者プロフィール

着物好きが高じて、DTPデザイナーから着付講師へ転身。年間約8割を着物で過ごしている。2004年より、東京都内にて生徒とのコミュニケーションを大切にした、少人数制の着付教室は現在も進化中。これまでに、400名を超える指導実績がある。

プロフィール詳細へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事