小千谷縮とは?着物や浴衣になる着回しコーデ20選と洗濯方法

menu

キモノ日和は旅気分

小千谷縮とは?着物や浴衣になる着回しコーデ20選と洗濯方法

小千谷縮(おぢやちぢみ)は、ビギナーさんから上級者まで、ファン層の厚いのが特徴ですね。

その理由は、お手頃価格なのに、着心地とおしゃれ感が抜群。筆者も十数年愛用していて、着回しやすい夏の定番着物です。

お手入れは水洗いの自宅洗濯でOK。真夏は、洗いたての着物に袖を通したくなるから、水でサブサブ洗えるって魅力的。

「結構、使い勝手よさそうな着物」である小千谷縮ですが、どんな風に便利なのか、まだよくつかめない方も多いのでは?初心者さんは悩みがち?

この記事を読めば小千谷縮がよくわかるよう、初心者さん向けに小千谷縮の着用時期やコーディネート見本、お手入れ方法を説明します。

 

小千谷縮とは

小千谷縮とは、新潟県で作られる麻の織物

麻は、吸汗性、放湿性に優れているので夏には最適な素材。その上、小千谷縮の表面には凹凸があり、衣類の中にこもった熱をすばやく放出してくれる、昔ながらの「機能性着物」です。

この凹凸は、緯糸に強い撚糸を使用した麻布をお湯の中でもみこむ手技から作られています。国際的にも大きな評価を受けています。

↑目次へ戻る↑
 

歴史

新潟は、1200年も前から織物の産地として知られています。

それまでは上布と呼ばれ、表面の平らな織物(越後上布)がメインでしたが、江戸中期に布を縮ませて表面にうねりを作る方法=縮の製法が考え出されました。この製法は公開伝授されて、当時大ヒット。産量は急激に増加しました。

その後、麻織物の生産量は少なくなりましたが、昭和30年、昔ながらの原料と作り方をする越後上布としての小千谷縮は、国の重要無形文化財に指定されます。昭和50年 「伝統的工芸品」としての指定を受け、2009年にはユネスコ世界無形文化遺産登録されました。日本の染織技術としては第一号です。

↑目次へ戻る↑
 

雪晒し

重要無形文化財 越後上布・小千谷縮布技術保存協会

昔からの作り方で生産される小千谷縮や越後上布には「雪晒し」(ゆきざらし)をします。雪晒しとは、オゾンによる布の低温漂白。雪と紫外線の作用により発生したオゾンが麻布に含まれる色素を分解し漂白することで、白が強調されて鮮やかになります。

新品だけでなく、里帰りの反物も「雪晒し」をすることで汗じみも汚れも落ちてさっぱり。この効果は、麻布特有とのこと。約800年前から行われている「雪晒し」。そんなに昔から続いているなんて、驚きですね。

↑目次へ戻る↑

 

小千谷縮のお値段

重要無形文化財の小千谷縮や越後上布は、繊細な手仕事による着物ですからお値段は高いです。その代わり、化学染料を使ったり、機械織をしている小千谷縮は、反物の金額が4~5万円で購入できます。

↑目次へ戻る↑

 

小千谷縮のデザイン性

Google「小千谷縮 画像」検索結果より

小千谷縮はシンプルな縞や格子が多く、飽きのこないベーシックなデザインのため、帯によって雰囲気が大きく変わります。コーディネートしやすく、飽きずにずっと着られるので、筆者も愛用中。

最近は、カラフルな小千谷縮も増えていますが、どれも大人向けの上品な発色、グレード感、上質さが、浴衣にない魅力と言えます。

↑目次へ戻る↑

 

新しい提案!夏からはじめる「きもの生活」

最近は、浴衣を着る人が圧倒的に増えました。振袖の次に着る着物が「浴衣」という人がほとんどです。それならば、浴衣より一歩先行く夏着物「小千谷縮」に挑戦して、今年の夏から「着物生活」をはじめてみませんか?

上手にコーディネートして、初夏から秋のはじめまで着ることのできる「小千谷縮」はとってもお得です!コーディネート見本は以下を参考にしてください。

↑目次へ戻る↑

 

浴衣として着る場合、夏のおしゃれ着として着る場合

浴衣と夏のおしゃれ着とは何が違うのでしょうか?
「夏のお出かけ着」という分類では同じですが、夏のおしゃれ着の方が格上です。

夏のおしゃれ着は、洋服でいうと、キレイめカジュアル。別の言い方では、おしゃれ着、普段着物、街着、カジュアル着物、お出かけ着とも言います。

今では外出着となりましたが、もともと浴衣は、くつろぎ着とか、部屋着に相当していました。洋服でいうと、デニムなどのラフな装いになります。浴衣の名称は、「湯帷子」(ゆかたびら)といって、身分の高い人が入浴の時に着用していたものからきていて、それが、湯上りの着物や夜のお祭りなどに着るものへ変化し、今では外出着になったという経緯があります。

小千谷縮は、浴衣としても、夏のおしゃれ着としても両方の着方ができます。 その違いは、違いは、襦袢を着るか(半衿を出すか)。足袋を履くか。太鼓を締めるか。で区別します。ここがポイントです!

 

浴衣として小千谷縮を着る場合

7月に浴衣として小千谷を着たコーデ

肌着、裾除けを付け、すぐに小千谷縮を着つけます。丈はほんの少し短く軽やかに。帯は半幅帯です。素足に下駄で涼しそうに歩いてくださいね。

下着はきちんと身につけましょう。「ゆかた下」「浴衣用下着」というワンピース式は着用が楽ですが、丈が短く透け感が気になるものもあるので、鏡でチェックしてくださいね。

↑目次へ戻る↑

 

夏着物として小千谷縮を着る場合

7月に小千谷を夏着物として着たコーデ

長襦袢を着てお太鼓をしめます。着物の丈は、小紋などと一緒。長めがおしゃれです。足元は足袋とお草履。

↑目次へ戻る↑

 

単衣として着る場合。うすものとして着る場合

さて、ここからは小千谷を着る季節のお話です。

小千谷縮を着る季節

「いつからいつまで着られるの?」検索した時に、わりと定義があいまいで悩んでしまった方もいるかもしれません。

そもそも、麻の着物は礼装と違ってドレスコードの問われない着物です。昔は現代よりももっと自由に、着られていました。かといって、全くルールがないわけではありません。

地域差もありますが、筆者は、単衣(ひとえ)の季節と、薄物(うすもの)の季節である、6月~9月まで小千谷縮を着ています。四か月着物は同じですが、帯や帯締めを夏物→冬物に変えて季節感をだします。

単衣(ひとえ)の季節とは、6月と9月です。単衣とは、裏地のついていない着物を指します。薄物の季節とは、7月と8月。一年で一番暑く、着物では絽(ろ)、紗(しゃ)、麻、浴衣を着る季節です。それでは、具体的にコーディネートを見てみましょう。

 

6月に単衣として小千谷縮を着る

  • 半衿ー絽
  • 帯ー夏帯
  • 帯揚げ、帯締めー夏物

 

7、8月に薄物として小千谷縮を着る

  • 半衿ー絽
  • 帯ー夏帯
  • 帯揚げ、帯締めー夏物

 

9月に単衣として小千谷縮を着る

  • 半衿ー冬物
  • 帯ー冬帯
  • 帯揚げ、帯締めー冬物

 

↑目次へ戻る↑

 

コーディネート

小千谷縮は、単衣の着物として、うすものとして、浴衣として、三通りの着方ができることがわかりました。それではコーディネート見本をさらに見ていきましょう。

↑目次へ戻る↑
 

6月の小千谷ちぢみ

  • 半衿ー絽
  • 帯ー夏帯
  • 帯揚げ、帯締めー夏物

↑目次へ戻る↑
 

7月の小千谷ちぢみ

  • 半衿ー絽
  • 帯ー夏帯
  • 帯揚げ、帯締めー夏物

 

  • 半衿ーなし
  • 帯ー半幅帯
  • 帯揚げ、帯締めーなし

↑目次へ戻る↑
 

8月の小千谷ちぢみ

  • 半衿ー絽
  • 帯ー夏帯
  • 帯揚げ、帯締めー夏物

 

  • 半衿ーなし
  • 帯ー半幅帯
  • 帯揚げ、帯締めーなし

 

↑目次へ戻る↑
 

9月の小千谷ちぢみ

  • 半衿ー冬物
  • 帯ー冬帯
  • 帯揚げ、帯締めー冬物

↑目次へ戻る↑

 

麻の特徴

麻は、丈夫で汚れにくく、水に濡れてもすぐに乾きます。綿や絹が普及するずっと前から使われ、古くから人々に親しまれていました。

麻の側面と断面の写真。側面は繊維軸方向に線条が走り等間隔の節がある。 断面は多角形などで中空部分がある。(財団法人 日本紡績検査協会

麻の速乾性や、放湿性のすばやさは、この「中空の繊維」が理由だったんですね!

しかし、デメリットもあります。固い繊維のためにしわがつきやすく、摩擦により毛羽立ちや色落ちの生じることがありますから、洗いすぎや脱水のしすぎを避けましょう。

↑目次へ戻る↑

 

お手入れ~【動画あり】小千谷縮の押し洗い方法

小千谷縮は自宅で簡単に洗濯できます。汗をかいたらその日に洗い、ノーアイロンで翌日着られます。浴衣よりもお手入れ簡単な着物です。

↑目次へ戻る↑
 

洗うタイミング

筆者の小千谷縮。15年間洗濯機で洗い続けていますが、いまだ現役。

7月、8月の汗をかいた日は、その日のうちに洗っているので、いつもさっぱりと着用しています。6、9月は真夏ほど汗はかかないので、衿が汚れてきたら自宅洗濯しています。

↑目次へ戻る↑
 

洗い方

1. 小千谷縮をたたみ、ネットへ入れます。
2. ファンデーションや皮脂汚れの気になるところは下洗い。あらかじめ中性洗剤をしみこませておきます。
3. 中性洗剤少量を入れ押し洗いします。お湯は使いません。(汗だけ落としたいなら洗剤を入れずに水のみの押し洗い)洗濯機ご使用の場合はネットに入れ、ドライまたは弱水流洗いしますが、手洗いの方が繊維が傷みません。
4. しっかりすすぎましょう。泡が消えるまで優しく洗います
5. 着物ハンガーにかけて吊る干し。乾燥させます。

注意:手洗いでも少し色落ちすることがあります。天然の繊維なので仕方ありません。色落ちや、繊維へのダメージを防ぐため、汚れがひどくない場合は、30秒から1分程度で手早く洗っています。

↑目次へ戻る↑
 

汚れやすい場所

小千谷縮に限らず、着物の汚れやすい場所は決まっています。以下の個所をチェックして汚れていないか確認します。見つけたら、下洗いをします。

  • 衿…ファンデーションの付きやすい場所
  • 袖口…皮脂汚れの付きやすい場所
  • 上半身の背ぬい付近…枕の背面の汗じみ
  • 上前…食べこぼしなど
  •  

↑目次へ戻る↑
 

洗剤の種類

汗のみでしたら、水洗いでOK。洗剤を使い場合は中性洗剤を少量。洗剤のすすぎ残しにはくれぐれも注意してください、変色の原因になります。蛍光増白剤入の洗剤も避けましょう。

↑目次へ戻る↑
 

脱水の方法

軽く脱水します。脱水機にかける場合は、ネットに入れたまま10秒~20秒でボタンを押し、すぐに停めること。脱水のしすぎに注意繊維へのダメージになります。

↑目次へ戻る↑
 

干し方

着物ハンガーにかけて室内干しをします。洋服用にハンガーにかけると型崩れの原因になります。退色を防ぐため、直射日光があたらないように影干しです。

↑目次へ戻る↑
 

しわの伸ばし方

少々のしわは、ハンガーにかけ霧を吹きますと自然に伸びます。アイロンがけは、繊維を痛めたり、しぼが伸びるので厳禁です。外出先では、濡らしたハンカチを当てて手アイロン(両方の手の平ではさむ)をするか、10cm離して水をスプレーし、縦横方向へ布を伸ばすと皺が気にならなくなります。

↑目次へ戻る↑

 

小千谷縮着用の際、気をつけていること

衿の仕立ては広衿仕立て

長襦袢を着たときに、半衿が美しく見えるのは、広衿。衿の仕立ては広衿にしてもらっています。浴衣として着るときは、衿を半分に折って着ます。

 

麻の着物には、麻の襦袢

小千谷縮の時は、同じ麻素材の「麻の襦袢」を着用します。以前、絽の襦袢を着たことがありますが、寸法が同じなのに、袖口から襦袢が見えたり、振り(ふり)からはみ出したりと、ちょっとした違和感があったため、それ以来、同じ素材を意識しています。

 

長時間正座の時には、小千谷は着ていきません

涼しくて軽い小千谷は街歩きには向いてますが、長時間正座が続く時は、シワが気になります。シワは麻の特性なので、神経質になることはないのですが、さすがに何時間も座りっぱなしのお茶のお稽古などには、あまり着ていかないようにしています。

 

鏡で後姿の透け感チェック

もうひとつは、小千谷縮の透けに注意! 前は布が2枚重なっているため気にならなくても、後姿で下着が透けていることがあります。小千谷縮を着たら、必ず鏡で後姿もチェック。足が透けてみえませんか? 二部式長襦袢が透けていませんか?安心なのは、マイサイズの長襦袢です。日中の逆光による透けも完全カットできます。

↑目次へ戻る↑

 

いかがでしたか?
今では、毎日着物を着ている筆者ですが、15年前に着付け教室を立ち上げたとき、夏用の着物を持っていませんでした。先輩に相談して、はじめて買った夏の着物が小千谷縮です。それから毎夏、洗濯機でじゃぶじゃぶ洗い、暑い夏をともにしてきましたが、今でも現役。水を通すとぱりっと元に戻り、いつまでもすがすがしい小千谷縮。この記事内でもたくさん登場しています。

汗っかきさんには、「夏に着物を着るなんて!」とよく言われるのですが、インドなど強烈に暑い地域では、ゆったりとした麻の長袖シャツなどを着るそうです。日差しから肌を守り、服の中に風を通すためだとか。その話を聞いて、日本では小千谷縮!と強く思ったものでした。麻の小千谷縮で過ごす夏。ぜひ体験してみてください。

筆者プロフィール

着物好きが高じて、DTPデザイナーから着付講師へ転身。年間約8割を着物で過ごしている。2004年より、東京都内にて生徒とのコミュニケーションを大切にした、少人数制の着付教室は現在も進化中。これまでに、400名を超える指導実績がある。

プロフィール詳細へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加