春先のカジュアル着物コーディネート

menu

キモノ日和は旅気分

春先のカジュアル着物コーディネート

本格的な春の訪れはもうすぐそこ。寒い日も多いですが気持ちはすでに春ですね。明るい色が気になり始めます。春色を少しずつ取り入れた、大人向け春のカジュアル着物コーディネートをご紹介。

春先のコーディネートのコツ

季節の先取り感

着物の世界では、昔から「季節の先取り」が粋でおしゃれ。春の光を感じさせるような軽い装いへ少しずつシフトしていきます。

目次へ戻る

 

明るくやわらかい色み

軽い装いを表現しやすいのは、「色」。パステルカラーや、シャーベットカラーを取り入れるだけで、春らしさがぐっとアップ。初心者は、顔映りに左右されない帯締めや帯あげを変えることからはじめます。

春を連想する模様

梅や菜の花、蝶の模様の着物や帯はありませんか?模様は季節感を出しやすいのでおすすめです。写実的な模様ならその花が咲く前に着るのがベスト。と言われています。

 

春に使いたい色

「いつもモノトーンが多くて、明るい色は苦手。」な人も、帯締め一本なら抵抗なく取り入れられるはず。春らしい色とは、自然界に見られる春の色。若草、紅梅、薄桃、菜の花などの色です。

目次へ戻る

 

季節の行事を意識する

春先の行事といえば、「桃の節句」。2月中旬からあちこちで雛飾りを見かけます。この頃から3月3日までは、雛飾り、桃の花、菱餅、ひなあられにみられる、赤系、桃色系、緑系の色を着物コーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

コーディネートサンプル

菊のような、梅のような柄ですが…この季節は「梅です。」と言い切り、模様で春を表現。

目次へ戻る

 

単体で見ると、オレンジに近い色であるさんご色。組み合わせることで、春のコーディネートが完成しました。子供っぽくならないように抑え気味にピンクを重ね、黒で引き締めました。

明るい色の紬に茶系の帯。帯締めは春のキラキラした日差しのようなビーズを合わせました。

目次へ戻る

 

まだまだ防寒コートの手放せない季節ですが、お天気良い日のお出かけならそろそろレースの羽織もいいですね。

 

春の注目色

「ワンパターンのコーディネートから抜け出せなくて」と悩んでいる人は、流行色を取り入れてみて脱ワンパターンの参考にしてみては?

流行色の選定に関しては、国際流行色委員会(INTERCOLOR)が約2年前に、また、米国パントン社(PANTONE)から約半年前に発表されます。

 

春におすすめしたいお出かけ先

参考写真:京王プラザホテル(2016)

京王プラザホテル「ホテルで楽しむひなまつり
期間…2月1日~3月27日まで(入場無料)
メインロビーなどにつるし飾りと段飾りを展示。総数約6500個
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1

目次へ戻る

 

三井記念美術館「三井家のおひなさま
期間…2月18日~4月2日まで 10時~17時
東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階

目黒雅叙園「百段雛まつり九州ひな紀行Ⅱ
期間…1月20日~3月12日まで 10時~17時
〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1

「府中市郷土の森」梅まつり
期間…2月4日~3月12日 9時~17時(入場は16時まで)
〒183-0026 東京都府中市南町6-32

「府中市郷土の森」野点茶会
開催日…2017年2月12日(日曜日) 、2月19日(日曜日) 、2月26日(日曜日) 、
3月5日(日曜日) 午前11時~午後3時

〒183-0026 東京都府中市南町6-32

目次へ戻る

 

春の着物といえば、多くの人が「桜」を連想するようですが、着物の世界では、立春あたりから春のコーディネートを楽しみます。季節先取りなので「春」が長いんですね。1月からはじまり椿、水仙、梅、桃、桜、藤、牡丹と…順番に春の花を意識しながら、模様や色で取り入れては、春を待ちわびる。桜の季節ともなると、春も中盤。そろそろ夏支度というころ。もっと早い時期から春のコーディネートを楽しまないともったいないんです。
そんなわけで、着物のお花見は「梅見」と決め、友人とあれこれコーディネートを考えて楽しむ。毎年の恒例行事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事